前へ
次へ

日常生活で使用している言葉は仏教由来の言葉が多い?

国債とは、一言で言えば国の借用証明書のようなものです。国は、様々な行政サービスを運営するために必要なお金を、国債という形で国民から借りています。この国民には、一般個人も含まれますが、金融機関などの企業も含まれます。金利は、借りる期間により異なり、一般的には長期になればなるほど高い金利になります。一部の国債の金利は、ベンチマークとして市場での指標にも使われます。購入方法は、個人と企業で異なりますが、一般の個人に便利なのが金融機関を通じて低額から購入できる個人国債です。これは、比較的リスクの少ない投資商品です。銀行金利よりは高い金利を得られることが多く、中途解約も可能ですので、一般個人にも購入しやすい商品です。

top用置換

top用置換2
Page Top